ユニットバスにリフォームするメリット

ユニットバスとは、工場で予め浴槽や壁などを組み立てておき、それをそのままマンションなどの浴室に設置したお風呂のことをいいます。
ちなみに、必ずしもお風呂とトイレと洗面台がセットになっているわけではありませんが、基本的にはセットになっている「三点ユニットバス」が広く普及しています。

厳選したプロのフローリング補修情報のことならお任せください。

従来のタイル造りのお風呂からユニットバスへリフォームするメリットとして、まずは保温性や耐水性に優れていることが挙げられます。

OKWaveの役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。

保温性に関しては、お風呂が億劫になりやすい寒い冬であっても温かく入れるようになり、また耐水性に関しては、特にマンションやホテルなどいくつかの部屋が集まっている建物では、浸水を防ぐために重要になります。

そして、耐水性に優れているとカビが生えにくくなり、清潔感を保つことも可能になります。

次のメリットとして、リフォーム自体の費用が安いことや、工事の期間が比較的短いことなどが挙げられます。

従来のタイル造りからリフォームしようと考える際、同じタイル造りを選ぶならば、再び一からタイルを張り直したり、そこから浴槽を設置したりと、時間も費用もかかってしまいます。
その点ユニットバスであれば、予め組み立てられているものを設置するだけなので、最短で即日工事を終わらせることができ、その日にお風呂に入ることができます。



また、トイレや洗面台が一緒になっているので、お風呂掃除と同時に、まとめて掃除できることもメリットのひとつでしょう。